Aspera の確固たるミッションは、ファイルサイズ、転送距離、ネットワーク条件を問わず、世界中のデータを最高速度で移動させる次世代ソフトウェア技術を生み出すことです。弊社の特許取得済み、高性能バルクデータ転送技術 fasp™ は、他に類を見ず、全ての Aspera 高パフォーマンスファイル転送ソフトウェアの中核を担います。 Aspera は、世界中におよそ2千人の顧客を持ち、また1万6千件以上のソフトウェアライセンスを有効化しており、広域通信網での大規模なデータ移動を要する業界に対しサービスを提供しています。

>> さらに詳しい情報

弊社が提供するソリューションの要は、特許取得済みの fasp™ 転送技術です – その画期的な転送プロトコルは、 既存の WAN インフラストラクチャおよびコモディティ・ハードウェアを活用することで FTP や HTTP に比べて数百倍の高速化を実現し、さらに徹底したセキュリティ、100パーセントの信頼性、優れた帯域幅制御を提供します。たとえ、ファイルの容量が最大であったり、最も複雑なネットワークや距離、同時発生率および転送パターン負荷率が高くても、しっかりと安定した、予測可能な転送が可能です。 

Aspera のソフトウェアは、パフォーマンスやセキュリティに妥協することなく、あらゆるサイズのファイルベースのアセットを、ひとつの地理的位置から従業員、顧客、パートナーに対し最高速度で配信することが可能です。ユーザーは、様々なエンドユーザー・アプリケーションやインターフェースを選ぶことが可能で、使用するデバイスやプラットフォームに関係なく、あらゆるソースからどんな距離でも、ファイルおよびディレクトリの送信・受信を、完全な自由度と柔軟性を持って提供できます。

Aspera のコラボレーション・ファイル転送ソリューションは、現在のグローバルプロダクションチームの要求を満たし、全世界的距離で大容量ファイルやデータの交換を可能にする総合的プラットフォームを提供します。Aspera のソフトウェアは、その高速性、一貫性、予測可能性、効率性によって、様々な業界において最も一般的な使用事例をサポートします。例えば、主要な映画制作スタジオ向けの映像ポストプロダクション、ライフサイエンスのリサーチにおける次世代ゲノムシーケンス解析、出版業界におけるオーディオブック制作といった業界に対応します。

Aspera のワークフロー自動化プラットフォームは、既存の IT インフラストラクチャを使用し、あらゆる複雑性と難題を抱えるワークフローに関する自動ファイル転送およびファイル処理をサポートすることで、全世界規模でサプライヤー、パートナー、顧客を結び付けます。Aspera のロケーション・インディペンデント・アーキテクチャは、パイプラインのあらゆる側面に付随する予測可能性によって、受信、処理、配信といった、コンテンツデリバリーパイプラインにおける3つの主要セグメントを最適化および一元化します。